【気学実践-5】2012年10月西南吉方旅行

またも西南。

 

次は1泊2日くらいで奈良に行きました。

春日大社

◯鹿

東大寺

法隆寺

興福寺

◯古民家ランチ

◯中谷堂のおもち

あたりだったでしょうか。

 

奈良は地味なんですけど味わい深くて好きです。

やたらとおじいさん、おばあさんに話しかけられました。

そして、おじいさん、おばあさんがとても元気なイメージ。

 

台湾に続き、西南なので、

結構西南とってるなぁ、と。


本当に西南の効果なかったかなあ?と振り返ってみたのですが

効果、、、というかそれらしき変化はそういえばあったかもしれません。

 

ちょうどこのころから徐々に菜食とか、オーガニックとか、食にこだわっていた時期でも

あったので、自炊したり、お弁当を作っていったりしていました。

フライパンとかの調理器具、や調理法にもこだわったりして。

(それまで外食ざんまいだったのに!)


食に限らず、毒出しブームでしたね。

心身を整えよう、みたいな。

 

家庭的とか、倹約、土台、農業、みたいなイメージの

西南らしい変化といえば変化かも。。。ですね。


当時は方位の詳細の特徴まで特別意識してなかったので、

(恋愛!とか仕事!みたいな大まかなところは先生も言ってくれるのですが、

当時は西南についても、”まあ、どっちかというと仕事系かな”、くらいで聞いていました。

細かいことは置いといて、とりあえず吉方をとるのが先というニュアンス。)


いま改めて振り返ると

方位の特徴らしい変化が起こっていて

興味深いです。